前へ
次へ

お葬式に参列する時の服装のマナー

葬儀や告別式では喪服が一般的ですが、お通夜では喪服だとあらかじめ準備していたという印象を与えることもあるので好まれない場合もあり、その為地味な服装であれば平服で大丈夫です。
しかし最近ではお通夜のみの出席のことも多く急な場合でなければ喪服の方が良いでしょう。
喪服には正式と略式があり参列する側は略式の喪服を着用します。
男性はブラックスーツに白いシャツと黒いネクタイ、靴下も黒色の物を着用します。
女性はなるべく肌を見せないのが原則で、ブラックフォーマルのアンサンブルやスーツなどに黒いストッキングとなりタイツは黒くてもNGとされます。
靴は黒色で金具がついていない物を選びましょう。
男性なら皮靴、女性ならあまりかかとの高くないパンプスなどシンプルなデザインであまり光沢のない靴が良いです。
アクセサリーは基本的に身に着けてはいけませんが、結婚指輪とパールなら問題ありません。
ただしパールは一連のネックレスにします。
二連のネックレスは不幸が重なることを意味するので厳禁です。

Page Top