前へ
次へ

一般的な葬儀はどのような流れで行われるか

事前に葬儀の流れを知っておくことで、葬儀をスムーズに進めることができます。
葬儀はどのような流れで進み、何をしなければならないのでしょうか。
まず、お亡くなりになった際に葬儀社に連絡を取り、ご逝去場所を伝えます。
この時、医師に死亡診断書を書いてもらいます。
その後、法律により逝去後24時間は火葬することができないため、寝台車でご遺体を搬送して安置をします。
自宅での安置が可能であれば自宅に、難しい場合は葬儀社の安置専用施設に搬送します。
そして喪主や世話役などの役割を決め、葬儀担当者と打ち合わせを行います。
この時に死亡診断書を葬儀担当者に渡し、死亡届や火葬許可証などの手続きを依頼します。
納棺の際には、ご遺体を清めて死装束を着せ、故人が好きだったものなど一緒に棺に入れたいものがあれば準備しておきます。
納棺までを終えてから通夜を行い、翌日に葬儀・告別式を行います。
そして火葬、骨上げ、還骨法要、精進落としを順に行い、葬儀当日の儀式は終了となります。

Page Top